副業 文章

【第3回 ライティングで副業を始める】SEO対策とは

副業

ライティングという言葉を聞いたことあるでしょうか。
文章を書くことは、かなり稼ぐ力につながります。
ただ、ライティングの技術を学んでいるかいないかで単価がかなり違ってきます。
世間に価値が認められる文章の書き方があるという事をお話します。
今回はSEOというものについて記載します。
Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるためのテクニックです。
Web記事などの特有の技術です。
いくらいい文章を書いても検索されクリックされなければ読まれませんからね。

結論

検索す人が欲しい情報のキーワードを素直に混ぜ込むこと。
特にタイトルに検索キーワードに使われる言葉を考えて混ぜ込むこと。
そして、素直にその内容で記事を書くこと。
余計な話を混ぜ込んでカサ増ししない。

Googleの検索エンジンはかなり賢くなっています。
読者がGoogleに入力したキーワードに対して検索意図を解釈し、的確に記事を検索します。
記事の目的に沿って素直に記事を書いていくことが一番近道です。

SEO対策とは

SEO対策というのはGoogleなどの検索エンジンの検索上位に表示させるための技術のことです。
Web記事の多くは検索エンジンの検索結果からクリックして表示されます。
そして、クリックされる記事というのは検索結果の先頭5記事、もしくは1ページ目に表示された部分までになります。
ご自身の利用法方法を思い出してみましょう。
Googleで検索して上から順に記事を表示しますよね。
1記事目で欲しい情報見つかればほかの記事は読みません。
見つからなくても、だいたい5記事以内には答えが見つかります。
検索上位に表示されなければ、ほぼアクセスがない記事になってしまうのです。

そこで、検索上位に表示されるための技術が重要になってくるのです。

SEO対策:キーワード記事に取り込む

これからか書こうとしている記事に対して、読者がどのようなキーワードで検索するかを考えます。
そのキーワードを使って文章を書きます。
検索エンジンで検索に引っ掛からないと読まれることは無いですらかね。

おそらく、あまり意識をしなくてもできていることだと思います。
念のため、書き上げた記事をあとからチェックして読者の検索キーワードを考えてみましょう。

SEO対策:タイトルにキーワードを入れる

記事にキーワードを入れるのと同じですが、特にタイトルは気を付けてつけましょう。
検索エンジンでもタイトルは重視している様で、検索キーワードが入っているタイトルから上位になっているようです。
読者の立場からしても、タイトルにキーワードが入っていないとか、タイトルが検索意図と違うとクリックされにくいですよね。

SEO対策:素直にタイトルに沿った記事を書く

意外と難しいのですが、タイトルに沿った記事を素直に書くことです。
つまり、読者の検索意図に沿った答えを素直に書くことです。
記事を書いていると、付加情報のボリュームが大きくなってきたり、話がずれてくることが多いのです。
Yahoo!ニュースですら読んでいて「この記事は何が言いたかったんだっけ?」みたいなことが時々あります。

Webの場合、あまり長文を読まない傾向があるようです。
なるべく短く本論を書かないと読んでもらえないのです。

もう一つの理由は検索エンジンが正しく検索できなくなります。
付加情報が大きくなると、検索エンジンは付加情報側を本論とみて、異なるキーワードでヒットさせる可能性があります。
検索エンジンが誤解しないように本文を書く必要があるのです。

まとめ

SEO対策というのはGoogleなどの検索エンジンの検索結果上位に表示させるテクニックのことです。
とはいえ、実は特別な裏テクニックというものはありません。
・読者のキーワードを想像して、そのキーワードを記事に盛り込むこと。
・検索木ワードを盛り込んだタイトルにすること
・読者の検索目的に対して素直に答えの記事を書くこと
Googleの検索機能はかなり賢くなっており、読者が入力したキーワードの意図を解釈して適切な記事を表示できるようになっています。
検索上位に表示するためには、読者の目的に素直に答えを書くことが重要とされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました