副業 文章

【第4回 ライティングで副業を始める】コピーライティングで魅力のある記事を書く(前編)

副業

ライティングという言葉を聞いたことあるでしょうか。
文章を書くことは、かなり稼ぐ力につながります。
ただ、ライティングの技術を学んでいるかいないかで単価がかなり違ってきます。
世間に価値が認められる文章の書き方があるという事をお話します。
今回は魅力ある文章を書く技術のコピーライティングについてお話します。

結論

コピーライティングという技術のポイントは5つです。
・希少性、限定性
・ベネフィット
・簡易性
・社会的証明
・権威性
これを抑えておくことで、読者を引き込む文章を書くことできます。

コピーライティングとは何か

ブログやWeb文章を書くうえで文章の外観については「【第2回 ライティングで副業を始める】文章構成を整える」でお話しました。
今回は中身の技術に該当するコピーライティングについてです。

コピーライティングというのは読者を引き込むための文章を書く技術です。
客引きではないですよ。
最後まで読んでもらえるような文章、有益だったと思ってもらえる文章の書き方です。

簡単な例を挙げると、通販番組で使っている技術です。
「今だけ」「限定」「誰でもできる」「簡単」といった言葉使っていますね。
例えばダイエットフードの通販番組の場合、「これさえ飲めば、誰でもダイエットを成功できそう」な気持ちになりますよね。
このような技術を使った文章の書き方です。
もちろん、嘘はだめですが魅力のある言葉で読者を引き込む必要があります。
せっかく有益な内容でも文章の書き方が悪いと読み飛ばされてしまいます。

コピーライティングには5つの技術が使われています。
・希少性、限定性
・ベネフィット
・簡易性
・社会的証明
・権威性
この5つの技術について解説をしていきます。

希少性、限定性

コピーライティングの技術の一つ「希少性、限定性」について説明します。

通販番組に例えると、「今だけ」「限定1000名様」などの様に、この商品に希少価値があること、提供期間が限定されていることなどを訴えます。
ライティング技術に例えると、「ライティング技術でSEOは知っている人は多いですがコピーライティングを知っている人は少ないですよ。」なんて言い方をします。

詐欺の手口でよく聞きますよね。
「あなたにだけ」とか「今月中にご契約なら」とかですね。

Web記事やブログの場合は直接何かを売ることは少ないので、あまり多用しなくていいと思います。
書かれた記事の内容がほかの類似記事と違うという事を記載すればよいでしょう。

ベネフィット

コピーライティングの技術の一つ「ベネフィット」について説明します。

これは読者のより良い未来を語ります。
この商品や技術、記事の内容を知るとどんな明るい未来が待っているのかを書きます。
この商品や技術はすごいんだ。
と説明をするよりも、「あなたにとってどんないいことがありますよ」という言い方をする方が読者に対するメリットがわかりやすいですね。

よい例としてはAppleのCMです。
最近はちょっと変わってきましたがジョブズが健在のころが顕著でした。
AppleのCMは「あなたの未来はこう変わります」という事だけを言っています。
商品の説明をしていないんです。
ベネフィットの技術だけを使ったCMですね。
悪い例としては日本のメーカーのCMです。
小難しい技術用語を使って「この商品はすごいんだ」という雰囲気のCMばかりでしたね。
最近は少し変わってきましたけど。

続く

申し訳ありません。
今日はここまでにして続きは次回にしたいと思います。
ちょっと長くなりそうなので半分に分けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました