副業 文章

【第2回 ライティングで副業を始める】文章構成を整える

副業

ライティングという言葉を聞いたことあるでしょうか。
文章を書くことは、かなり稼ぐ力につながります。
ただ、ライティングの技術を学んでいるかいないかで単価がかなり違ってきます。
世間に価値が認められる文章の書き方があるという事をお話します。
今回は文章構成についてお話します。
文章校正を整えることで、
・文章の読みやすさ
・適度なボリュームづけ
が可能です。
基本的な論文の書き方と同じですが、ブログ向けに多少アレンジした方法をお話します。

結論

基本的には「起・承・転・結」とい流れに従って文章を書きます。
論文の場合はこれに加えて、冒頭に「要約」(abstract)を付けます。
ブログ用のアレンジとしては「転」を抜くとよいでしょう。
求められる記事を淡々と描くだけなので話を展開する必要はないためです。

この構成で文章を書けば
・読みやすい文章
・適度なボリュームと厚みを持たせる
事が出来るようになります。

文章構成を整える目的

ライティングで収益を得るためには「読みやすい文章」にすることが必要です。
5行読んでピンとこなければ残りは読まれないそうです。
読みやすい文章を作るには、決まった構成があります。
それは、論文の書き方と同じです。
論文の書き方に従って執筆することで
・読者を引き付ける書き方
・文章(全体)の読みやすさ
・適度にボリュームを付ける
が可能になります。

基本的には論文の書き方に従いますが、ブログ向けに少しアレンジしたいと思います。

基本的な構成

文章を書く時の基本的な構成は「起・承・転・結」の構成に従います。
ご存じの方も多いでしょう。
論文も基本、この構成に従って文章を書きます。
ただし、論文の場合はこの前に「要約」(abstract)を付けます。

ブログやWeb記事の場合は「転」の部分を省略したいと思います。
論文の場合は話を盛り上げたり、次につなげるため話を発展・転換させます。
しかし、ブログやWeb記事の場合は必要ないですね。
淡々と求められている情報を記載する方がよいです。

そこで、文章の構成は「要約・起・承・結」の構成とします。

基本的な構成「要約」

「要約」部分の構成についててです。
ここでは、このブログや記事で述べたいことの核心・答えを書きます。
ここを読めばタイトルに対する答えが書いているという内容にします。

核心部分は最後まで引っ張った方が最後まで読まれるのでは?
って思いますが、意外にそうではありません。

・なかなか答えにたどり着かない長文は読まれない
読者の立場になると、しばらく文章を読んで答えらしきものが見つからないと読むのをやめてしまします。
本などの紙媒体とは違い、Webの場合は長文を読まない傾向がより強く出てきます。

・読者に時間を取らせない
読者の求める答えに合わない記事かを冒頭で判断してもらいます。
読者に余計な時間を取らせないためです。
これは、ほかの記事への信頼性につながります。

この手法は有名なブロガーさんやユーチューバーさんも使っています。
マナブログのマナブさん、リベ大の両@学長のYouTube動画をご覧ください。
必ず「結論」から始めています。
ここで説明した「要約」は「結論」のことです。

基本的な構成「起」

「起」の部分の基本的な内容です。
ここでは、この記事を書く目的や問題提起をします。
この記事(問題)の背景などを書くことで、記事の必要性を読者に伝えます。
記事への引き込みを行います。

基本的な構成「承」

「承」の部分の基本的な内容です。
「起」に対する解説や答え・その裏付けなどを淡々を書いていきます。
文章の核心ともいえる部分です。

基本的な構成「結」

「結」の部分の基本的な内容です。
「承」で記載したことを関連付けてまとめていきます。
Web記事の場合は「承」の内容が多岐にわたって書かれることは少ないので「関連付ける」ことはあまりないかもしれません。
最後の締めくくりとします。
「承」で書ききれなかったことを補足するなどで文章をまとめていきます。
終わりを整える章になります。

要約・起・承・結の効果

ここまで述べてきた構成の文章を書くことで次のような効果が期待できます。

・文章の読みやすさ
文書の読みやすさ、人の頭に入りやすい文章の流れを作ることができます。
論文などの書き方の鉄板ともいえる構成になっています。
この流れをあえて変える必要はないというぐらいに洗練された構成です。

・文章に厚みを持たせることができる
ブログなどを書いてみると長文が書けなくて苦労する人は多いです。
文章は短い方がいいのですが、ブログの場合1000文字以上がよいといわれています。
それは、あまりに短い記事の場合、第1印象で「記事が薄そう」と思われ読まれないからです。
書きたいことは「承」の部分だけなのですが、「要約」「起」「結」を付けることでボリュームと厚みを持たせることができます。

まとめ

ブログ、Web記事の場合「要約・起・承・結」の構成がよいと考えます。
論文の書き方「要約・起・承・転・結」の構成に習ってWeb記事用にアレンジした構成です。
この記事でもこの構成に従っています。
「要約」・・・結論
「起」・・・文章構成を整える目的
「承」・・・基本的な構成 ~ 要約・起・承・結の効果
「結」・・・まとめ
この流れを作ることで、人が心地よく読める流れを作ることができる事と、文章にボリュームや厚みを持たせることが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました