スポンサーリンク

副業 資産運用

40代でも遅くないFIREの準備

副業

FIREをしたいけど、「もう40代、遅すぎた」なんて思っている人も多いのではないでしょうか。
今からでも、まだ間に合います。
私が40歳から始めたFIRE準備をお話したいと思います。
参考になればと思います。
現実的にはサイドFIREを目指します。
しかし、サイドFIREに加えて事業を持つ付加価値を付けます。

スポンサーリンク

40代からでも遅くないFIREへの道

FIREを始めるのに40代という年齢はまだ間に合うという話をしたいと思います。
私自身、40歳からFIRE準備を始めています。
どのように実現しようとしているのか、お話しします。

一般的にFIREを実現するためには、時間を味方にした積立投資などを活用していきます。
30年ぐらいの時間があれば割と実現可能でしょう。
しかし、40代で残り20年を切ってからでもできることはあります。
すでに、ある程度の蓄財があればFIREも可能ですが、サイドFIREを目指すことは可能です。

サイドFIREというのは半分FIREするという事で、資産運用などの不労所得で不足する分を軽い労働所得で補うという考え方です。
今までの様にフルタイムで会社員をするのではなく、パート勤務などで自由な時間を増やして生活していきます。
私の場合はこの労働所得を事業の立ち上げで補おうと考えています。
より、FIREに近づけるサイドFIREです。

現実的なところでサイドFIRE

正直なところ40代から始めるにはサイドFIREが現実的かと思っています。
もちろん、すでに蓄財があれば完全FIREも可能ですが、この記事を読んでいるという人はきっとそこまで資産がないですよね(私も含め)。

サイドFIREが現実的な理由を整理してみました。

・いまさら生活費を極端に落とすのは難しい。
 努力次第ですが、家族もいるとみんなの協力が必要。

・子供の養育費がかかる時期に突入している
 教育費は掛かるし、ここは削りどころではない。

・資産運用する時間が少ない
 30年もかけていたらとっくに老後になっている。死んでいるかもしれないw

・FIREをしやすい家族構成ではない
 夫婦のみ子供なしという構成がFIREに適しているが、FIREを考えた家族構成を計画したわけではない。

・すでにマイホームやそのローンなどを抱えており固定出かかる支出が多い。

などなど、40代で考え始めるには不利な条件が多いのです。
そこで多少の労働で補いつつ生活するサイドFIREを目指します。

労働所得は今から副業を始め事業化を目指す

サイドFIREを目指すときに、一番難しいのは労働所得を何から得るかでしょう。
会社員を続けている限りFIREにならないですね。
とはいえ、都合よく短時間勤務の仕事に就けるでしょうか。
アルバイト、パートの仕事も選択肢の一つですね。

もう一つの選択として事業を持つことです。
とは言え、事業所得となると起業ってことなんですけど。
ハードル高そうですよね。

そこで、私は、今から副業を始めておこうと思います。
自分が好きな時に、好きなボリュームで作業ができるネットを使った副業です。
ブログ、YouTUBE、ハンドメイド。
いろいろ試しています。

事業化で疑似FIRE

副業・事業はやり方によって不労所得につながる可能性があります。
ブログ、YouTUBEなどは一度作ってしまえば資産となって収益を発生し続けるといわれています。
ただ、一生というわけにはいかないですけどね。
時間がたてば内容が陳腐化しますからね。
しかし、アルバイトやパートでは時間を切り売りしているので働き続ける必要があります。
そういった面でFIREに近い状況を作り出すことができるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました