IT技術

システム方式設計書の書き方

システム構築において、システム方式設計書(ソフトウェア方式設計書)の作成は必須です。
システム方式設計書を作成することは、システム構築には遠回りだと感じるかもしれません。
保守、メンテナンス性の良いシステム、障害、トラブルの少ないシステム、高い生産性でシステムを構築するために役に立ちます。
また、重要なことはわかっているけど何を設計したらいいのかわからない。
このようなシステム方式設計書をどのように作ったらいいのかを解説します。

目次

1.システム方式設計とは。プログラミングを学んだらシステム方式設計で単価を上げよう。

2.システム方式設計はいつ作るのがいいのか。工程を知ろう。

3.システム方式設計の目的と使い方

4.役に立つシステム方式設計書にするポイントは3つ

5.システム方式設計に書くこと:目次の概要

6.システム方式設計はテーラリングしよう

7.システム方式設計の構成

8.システム方式設計書を作るメリット

9.システム方式設計書作成の流れ

10-1.システム方式設計書:「システム構造」の書き方

10-2.システム方式設計:「オンライン処理方式」の書き方

10-3.システム方式設計:「バッチ処理方式」の書き方

10-4.システム方式設計:「帳票処理方式」の書き方

10-5.システム方式設計:「データベースアクセス方式」の書き方

10-6.システム方式設計:「ファイルアクセス方式」の書き方

10-7.システム方式設計書:「エラー処理方式」の書き方

10-8.システム方式設計書:「ログ出力方式」の書き方

10-9.システム方式設計:「文字コード方式」の書き方

10-10.システム方式設計書:「セキュリティ方式」の書き方

10-11.システム方式設計書:「業務共通方式」の書き方

10-12.システム方式設計書:「他システム連携方式」の書き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました