資産運用

夫婦円満へのお金の管理方法は共有すること

資産運用

夫婦間でのお金の管理で悩むこと、モヤモヤすることないですか?
ラブラブな夫婦であってもお金の話題には触れにくいものです。
しかし、放置できない問題です。
モヤモヤした気持ちで夫婦生活を送るのは嫌ですし、離婚の大半の原因はお金が絡んでいるといわれています。
夫婦間関係をお金で失敗したくない人に向けて、お金について円満な夫婦からの学びをお話ししましょう。
これから結婚する人にはぜひ読んでいただきたいですが、すでに結婚している人でも間に合います。
勇気を出して夫婦でお金の会話をしましょう。
ちなみに、この内容は私たち夫婦の話です。
とてもうまくいっていると思っています。

結論

夫婦円満のためのお金の管理は次のステップです。
Step1:勇気を出して、保有資産をオープンにする
Step2:隠し資産を作らない
Step3:年に1回は棚卸する
共働き夫婦の場合、財布は別々に管理してもいいですが、定期的にオープンにしてお互いの資産を把握しましょう。
育児、老後の資金は協力して作っていかなければなりません。
秘密の資産があるとベストな家庭設計ができなくなります。

Step1:勇気を出して、保有資産をオープンにする。

これから結婚する人は、ぜひ結婚前にお互いの資産を公開しましょう。
お互いの資産を正確に知ることで、一番初めに大きな支出となる結婚式の予算、新婚旅行、新居にかけられる費用の感覚を共有することができます。

すでに結婚をしている人も遅くありません。
今すぐに、夫婦間の資産を共有しましょう。
これからの人生設計をより楽にしてくれます。
お互いの資産を知らないと、この先いくら資産を作らなければいけないのかわかりませんからね。
マイホーム購入を考えている人は、いくらの家が買えるのかわかりませんし。
老後のために毎月いくら積み立てが必要なのかわらないと、必要以上に切り詰めた生活をすることになったり、老後にお金が足りないなんてことも起こりますからね。

逆に言うと、資産を共有してない人はどうやって人生設計をしているんでしょうね?

夫婦間でお金に関してのモヤモヤした気持ちはここで払拭しましょう。
お互いの資産を把握することで「その支出はやめよう」なんてことも言いやすくなります。

Step2:隠し資産を作らない

この話は簡単です。
せっかく資産を共有したのに、隠し資産を作ってしまうと正しい人生設計ができなくなります。
Step1でオープンにした意味がなくなりますね。
離婚などのもめごとが起きた時のためにと思って隠し資産を作りたくなるかも知れまん。
しかし、裁判になればオープンにされるので意味がありません。
それよりも、共働き夫婦の場合はオープンにしつつ資産を分離したままにしておくことです。

普段の生活において、お財布は別管理でも構いません。
私も夫婦それぞれ稼いだお金は、それぞれ好きな様に使っています。
お小遣い制もありません。
しかし、お互いに資産を把握して資産形成を一緒に考えているので無駄遣いをせずに、夫婦の資産を分離したままベストな資産形成が進められています。

むしろ、共同口座などを作って資産を混ぜることはお勧めしません。
もめごとが起きたときに所有権でもめるもとになりますし、贈与税でもグレーゾーンの話になりそうです。

Step3:年に1回は棚卸する

Step1、2に関係しますが、定期的に現状を確認しないと意味がなくなってしまいますからね。
資産額は日々変わっていきますし。
現状把握という目的もありますが、定期的に夫婦で人生設計の会話をするいい機会になります。
「子供が大学に行くなら、年間いくら貯める?」
とか
「思ったより、余剰資金できてるから運用に回す?」
とか
「これなら、年1旅行に行けるね」
とかとか。

計画と実績を確認することで、将来への安心感につながります。
無駄に「そんなことにお金使わずに貯金してよ」なんて愚痴を言い合うことも減らせることでしょう。

私は半年に1回やっています。
賞与のタイミングでやっています。
タイミングついてはいつでもいいです。

お金の話は夫婦円満につながる

お金の話を共有することは夫婦円満にもつながると思っています。
お互いに協力して人生設計をしようという気持ちにつながります。
離婚の原因のほとんどはお金が根底にあるといわれています。
正しく資産を共有することで、金銭感覚のずれを埋めることができるかもしれません。

私の場合、何にお金を使うのか、毎月いくら積み立てて資産形成していくのかを共同で考えて頑張っています。
収入に対する支出の割合も認識できており、夫婦間でのお金に対するイライラは無いと思っています。
これだけでも、夫婦円満の大きな要因ですね。

まとめ

離婚の原因の多くは根底にお金が絡んでいるといわれています。
夫婦間でお金の話を共有することが夫婦円満につながると信じています。
お互いの資産をオープンにして定期的に確認することで、育児、老後の人生設計がしやすくなり、より豊かな人生を送れるようになるでしょう。
そのためには、お互いにお金に興味を持つことが大切です。
お金のことは夫任せ、妻任せにならないようにしましょう。
また、日本人はお金の話は下世話だと感じる風潮がありますが家族の中でそんなことは言ってられません。
生々しい話をして豊かな人生を設計していきましょう。

関連記事

こちらもぜひご覧ください。
夫婦のお金の管理は別々がよい理由3つ
夫婦のお金を別管理にする方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました