スポンサーリンク

資産運用

あなたの収入・資産の世界ランキングを調べよう。Income comparatorの使い方

資産運用

自分の収入と資産が世界でどれくらいの位置づけにあるのか気になりませんか?
それを簡単に調べることができるサイトが登場しました。
世帯収入が世界の上位何%にあるのか。
資産が正解の上位何%にあるのか。
を調べることができるサイトです。
ちょっと気になった方は試してみましょう。

スポンサーリンク

Income Comparator

Income Comparator を和訳すると「収入比較」でしょうか。
サイトの目的そのままの意味です。

このサイトで出来ることは、収入のランキングと資産のランキングです。
利用登録など不要なので、気軽に試すことができます。
まずは、下記のサイトにアクセスしてみましょう。

まずは、収入または資産の比較をするのかを選ぶページが出てきます。

収入のランキングを見る

トップページのIncomeをクリックしましょう。
すると、国を選ぶ画面になります。
Japanを選びましょう。(国内のランキングと世界のランキングが確認できます。)

この先、入力する通貨を選びます。
先ほどJapanを選んでいますのでJapanese Yenがデフォルト選択されています。
普通はこれでよいので、そのままOKしましょう。

世帯収入を入力する画面になります
単位は1円で入力します。
世帯収入であることに注意しましょう。
そしてその収入が月収か年収かを選択します。

次に出てくるのは、世帯の中の大人の人数です。
世帯の大人の人数で世帯収入を分割してランキングを出しているようです。

すると、日本の中であなたの所得が上位どれくらいにあるのかを見ることができます。

今回は2018年の日本人の平均所得552万円を入力しました。
単身としています。
すると、上位13%にあることがわかります。

上位13%にあるというのは信じられないですね。
552万円というのは平均値であって中央値ではないこともありますね。
また、単身世帯という前提もあります。
Income Comparatorでは世帯の大人の人数を見ているので、同じ500万円でも単身者と夫婦(専業主婦世帯)ではランキングが異なります。
ちなみに、身近な感覚だと中央値の方がしっくりくると思います。
また、日本の平均所得というのは自営業なども含めた統計なのか確認できていません。

ざっと、ランキングがわかりました。
もう少し詳細にしていくのと、世界でのランキングを見ていきましょう。

次は持ち家があるかどうかを聞いています。
持ち家があることで他人に家賃を払う必要がないため、間接的に収入が多いとみなします。
ちょっとわかりにくいですが、賃貸の人は家賃を払う必要があるので、その分の所得が少ないと考えます。
その逆で、持ち家の人が有利になるように計算するようです。
持ち家があるならYesです。

次はちょっと難しいのですが、
その持ち家を賃貸にした場合に、いくらの収入になるかの見込みを入力します。
間接的に、その分の収入があるはずとみなすようです。

すると、ランキングの補正がされます。
上位11%にランキングが上がりました。
ちなみに、今回は月15万円で賃貸に出せると想定しました。

次は、株式を保有しているかを聞いています。
株を持っていればYesです。

おおよその保有額を入力しましょう。

すると、月の収入に補正がかかりました。
この例では保有額を100万としました。
ランキングには影響ない額だったようです。

そして、最後に、世界での位置づけが確認できます。

世界では上位5%に位置づいています。
日本では11%ですが、世界で見れば上位5%です。
日本は世界で見ると所得が高いという事がわかりますね

資産のランキングを見る

こんどは資産のランキングを見てみましょう。
トップのページでWealthを選びます。

国を選びます。
Japanでよいですね。

通貨を選びます。
Japanese yenを選択します。
デフォルトなのでそのままでOKです。

資産額を1円単位で入力します。
金融資産、不動産どこまで計算するのか悩ましいところですね。

世帯の大人の人数を入力します。
ここでも、大人の数で頭割りされて資産を計算するようです。

以上で完了です。
資産のランキングが表示されます。

今回は資産1000万円で単身を想定しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました