スポンサーリンク

資産運用

浪費体質から抜け出すには価値観を変える

資産運用

蓄財の基本は、浪費を抑えて投資に回すことといわれています。
しかし、浪費を抑えるのは難しいですね。
携帯電話料金、保険の見直しをしたところで月に1,2万円の節約。
これ以上の節約がなかなか進まない。
このような人は価値観を変えられるかがポイントになってくるのではないでしょうか。






スポンサーリンク

蓄財のペースが上がらない

いろいろなところで、蓄財の基本は支出をおさえ投資に回す事といわれています。
しかし、支出の見直しをしても、あまり蓄財に回す費用が捻出できていない人も多いでしょう。

まずは、固定費の見直しで携帯電話、保険のプラン見直しをします。
上手くいって1~2万円の固定費削減でしょうか。
光熱費を見直したところで数千円になるかどうか。

4人家族で二人の中学生以下の子供の世帯をモデルにしてみます。
感覚での金額ですが・・・
世帯収入700万円以上なら20%、1000万円以上なら30%以上は蓄財可能と考えます。

価値観を変える

蓄財のペースを上げるためにはどうしたらいいのでしょうか。
価値観を変えていく必要があります。
一朝一夕には達成できません。
自分にとって、それにお金を払う価値は何かを考える習慣をつけていきます。

考え方を変えるきっかけになる話をしてみます。

少し高い服を買っている

普段着する服に数万円するものを買っていないでしょうか。
ユニクロほど安いものとは言いませんが、1万円以下でも日常使いなら十分なはずです。
数万円もする服を買うのは何のためでしょうか。
実用的な価値は無いはずです。
他人に見せるためでしょうか。
いい服を着ているという優越感でしょうか。

私自身も以前は服に数万円を使っていました。
しかし、ちょっとずつ値段を落としていきました。
機能的な価値を考えて必要以上に高いものを買わないようになりました。

大きな車

大きな車は必要でしょうか。
大きな車は、維持費もかかります。

ミニバンは広くて快適です。
しかし、その広さは必要でしょうか。
年に何回、その広さが必要になるでしょう。
車で生活するわけではありません。
移動手段と考えて割り切りましょう。

最新機能の家電

どうせ買うなら、最新機能の上位モデルを買っていませんか?
その機能は本当に必要でしょうか。
もしくは、その最新機能は本当に使い物になるんでしょうか。
あれば便利ですけど、新製品の宣伝に乗せられてませんかね。

切り詰めた生活をする必要はない

支出を抑えるために、生活費を切り詰めて我慢しろと言っているわけではありません。
何が自分にとって価値があるのかを考える習慣をつけることで、自然に蓄財体質になっていきます。
今はなんでもかんでも、そこそこ良いもの買っているかもしれません。
例えば洋服には価値を求めないと考え方が変わると、「ユニクロでいいや」って思えるようになります。
支出にメリハリをつけられるようになります。

数か月で考え方を変えることはできません。
数年かかりますが、体質が変わるので痛みを伴わない蓄財方法です。






コメント

タイトルとURLをコピーしました